運転者支援システム・自動運転

先進運転支援システム(ADAS) /自動運転システム

クルマの安全性と価値を格段に高めるADASや自動運転システムは,将来の自動車関連企業の成長を大きく左右するメガトレンドとなっています。

ローゼンバーガーは,お客様が構想するADASや自動運転システムの実現を,システム内で活用するコネクタに関する専門的な知見と技術の提供を通じて支援いたします。

自動運転システムの中では,走行中のクルマを取り巻く環境のデータを大量に収集し,これをリアルタイムで処理しています。その際,クルマ内での高速・大容量・リアルタイムでのデータ通信が行われています。

例えば,走行中の周辺環境を認識し,状況に応じてクルマを自動制御するシステムを考えてみましょう。

そのクルマには,車両の各所にカメラやレーダー,各種センサーが配置され,それらから膨大なデータを常時取得します。

そして,自車位置を特定するナビゲーション・データと共に車載コンピュータへと連続的に送信し,走行環境の認識や状況の判断,クルマを動かす機構を制御するための処理をリアルタイムに実行します。これは極めて複雑なシステム構成だと言えます。

さらに,今後の自動運転システムは,他車や道路インフラと通信しながらの遠方の道路状況の把握や,クラウドとつながってより高度な判断が求められる方向へと進化。システム構成はますます複雑化していくことでしょう。

安全で快適なドライブを実現するためには,走行中の周辺環境や状況を確実・正確に,見逃すことなく把握できる高い性能と信頼性が欠かせません。その実現には,システム内で利用するデータ通信技術にも高い性能と信頼性が求められます。複雑化したシステムの構成要素が互いに干渉しないように,完全シールドしたコネクタの活用が必須となります。

さらに,より小さく,軽く,より効率的にリアルタイム伝送を実現するコネクタとケーブルハーネスが必要です。

運転者支援システム・自動運転製品情報